H1テキスト

あなたの愛車を高く買い取れます!!

車検証を持って簡単入力 複数の信頼と実績のある有名店からの一括見積もりが無料で出来る

下取りと買取メリット・デメリット

 

 

車を処分しようとネットやパンフレットで調べていると
『下取り』『買い取り』の言葉が出てきますが
『下取り』と『買い取り』はどう違うのでしょうか?

 

 

 

どちらも意味はほとんど変わりはありません。
“車を売る!”という観点からみれば、どちらもまったく同じ意味です。

 

しかし、買い取られて、現金になるまでの業者の介入が違うだけです。

 

では具体的にメリット・デメリットのお話です
わかりやすいように、買い取り専門店で買い取ってもらった場合と
車販売店(=ディーラー・中古車業者)で下取りに出した場合の
メリット・デメリットをまとめてみました。

 

 

買い取り専門店<買い取り> 

 

車を買い取って貰う専門業者です。
事故車専門・不動車専門・車種専門の業者が居ますので
お車の状態を考えて最も得意とする専門店で買い取りをして貰いましょう!

 

メリット…今現在の現時点での最高額相場で引き取りして貰える。
         買取業者が買い手を探しているのでタイミングによっては
         信じられない高値で現金に出来る煩わし書類や
         行政への手続き事を代行してくれる

 

★デメリット…新車購入とのタイミングを合わせにくい。
         車通勤しているひとなら1日でも車がないと困るはず。
         ただし、買取店も代車を持っているケースが多いので
         贅沢を言わなければ問題にはならない。 
         引き渡しまでの事故、故障は保証外になる

 

 

車販売店<下取り> 

 

新しい車や中古車を購入する際に車販売店で
そのまま古い車を下取り処分してもらう場合。
新車・中古車に乗り換えるときにはこの方法が
一番と今までは考えられています。

 

メリット…新車・中古車の値引きの駆け引きで商談材料に使える
         希望する新車の納期が遅いときにはもちろん
         下取り時期をのばしてもらえるので安心。
       引き渡し前に傷や故障は、査定時期の日付が
         記入されているので免責されるケースが多い。

 

デメリット…ディーラーは査定表を基に査定する為
          中古車専門店の買い取り価格とくらべると安く査定されてしまう。
          査定額の幅はいろいろだが、10万〜50万の差がでる事もある。
        ディーラーは顧客から買い取って
          自ら買取業者に持ち込んで利益を得る事もある。

 

 

どちらも、長所と短所があります。
一番おすすめするのは、自動車販売店も折り合いが合わない時には
買い取り専門店に持って行くので
得をしたければ自らが買い取り業者に持ち込む方が良いと思います。
貴方が思っているより高額査定・現金にするテクニックは意外に簡単です。

 

無料でお車一括査定

値打ちを知らなければ価値が分からない 簡単に価値をお伝えします。 車検証を持って簡単入力