H1テキスト

あなたの愛車を高く買い取れます!!

車検証を持って簡単入力 複数の信頼と実績のある有名店からの一括見積もりが無料で出来る

自賠責保険って戻ってくるの?

 

自賠責保険の有効期間が1カ月以上残っていれば、還付が受けられる。

 

抹消登録の際に証明書をもらい、そのコピーを持って各保険会社の
窓口に出向き、解約手続きを行う。
その解約日を起算日といい、未経過分が払い戻されることになる。
その際、保険の代理店では解約手続きを行えないのでくれぐれも注意したい。
保険代理店はただの窓口であり、受付書類の手続きも厳格なので
1日ずれた事を、お願いしても引き受けは出来ない。

 

また郵送にも対応してくれる保険会社もあるので
一度電話で問い合わせたほうがいい。

 

 

抹消登録の際の証明書とは
一時抹消登録の場合は「一時抹消登録証明書」か「現在登録証明書」
永久抹消登録の場合は「現在登録証明書」のこと。

 

「一時抹消登録証明書」は一時抹消登録をすればもらえる。
しかしながら永久抹消登録ではこのような証明書が発行されないが

 

永久抹消登録後
登録事項等証明書の交付を請求することで「現在登録証明書」を入手できる。

 

一時抹消登録で現在登録証明書を入手する場合も同様に請求する必要がある。

 

解約時にはそのほかに、認印等の印鑑・自賠責保険証明書
振り込み先がわかるもの(預金通帳など)
本人確認が出来るもの(免許証・健康保険証など)が必要になる。

 

払い戻される期間は、例えば9月30日が満了日で解約が8月中ならば1カ月分が払い戻されることになる。

自賠責保険還付に必要な書類(自分で行う場合)

 

自賠責保険料の還付に必要な書類

 

抹消登録の際の証明書
  一時抹消登録の場合は、「一時抹消登録証明書」か「現在登録証明書」
  永久抹消登録の場合は、「現在登録証明書」
  「一時抹消登録証明書」は、一時抹消登録をすれば貰える。
  永久抹消登録ではこのような証明書が発行されないが
  永久抹消登録後、登録事項等証明書の交付を請求することで
  「現在登録証明書」を入手できる。
  一時抹消登録で現在登録証明書を入手する場合も同様に請求する必要がある。

 

印鑑(実印でなくてよい)

 

自賠責保険証明書

 

本人確認ができるもの(免許証など)

無料でお車一括査定

値打ちを知らなければ価値が分からない 簡単に価値をお伝えします。 車検証を持って簡単入力